定住かリゾート使用か

別荘

ニーズによるお勧めエリア

首都圏から近く、日本有数のリゾート地である伊豆には多くの別荘地があり、週末を過ごしたり、定年後の定住先として伊豆は人気があります。ひとことで伊豆といっても海もあり、山もあり、高原地帯からビーチエリアまで多くの選択肢があり、人によって理想の別荘地は異なります。伊豆半島の北部や東部は古くから温泉地や観光地として有名で、新幹線やアクセス道路が整備されていることから別荘地も多くあります。そのため、週末を別荘で過ごして、ウィークデーは都心で働くような人にとってはお勧めしたいエリアです。大規模な別荘地が造成されていて、バブル期に建設された中古物件は破格料金で販売されていて、リフォームをしたとしても快適に過ごせます。一方、高齢者にとってこの地区で定住を考えたときには、坂が多い地形と細い道が多いことを考えておかなければなりません。海岸沿いにはホテルが多かったですが、その跡地を利用してリゾートマンションも多く建設されています。高齢者が定住を考える場合には、海岸沿いには商業施設も多くなっているため、こちらのエリアをおすすめします。一方、伊豆半島の南部や西部は電車でも車でも都心からアクセスが良いとはいえず、どちらかというと定住者向けの別荘が多くなっています。大規模な別荘地はありませんが、温泉付きの物件や家庭菜園と呼ぶには十分な広さの畑が使えても、伊豆の東部や北部と比べて安価に別荘を手に入れることができます。