建て替えをできない物件

積み木

そのメリットやデメリット

中古住宅を購入する時に注意したいのが再建築不可の物件です。現在は道路に面した2メートル以上の出入り口がなければ家は建てられませんが、古い家はこの法律が出来る以前に建てられた物件なので、2メートル以下でも家が建っています。この再建築不可物件は文字通り現在の家を更地に戻して再度新しい家を建てることが出来ないので、建て替える予定がなければ再建築不可でも何ら問題ありませんが、建て替えたい場合はリフォームで対応するようになります。躯体が丈夫ならフルリフォームにも対応可能ですから、購入前には住宅検査を行うと良いでしょう。また、通路が2メートル以下と狭いので、車がある場合には車の幅プラス乗り降りできるスペースが確保できるのかも購入のポイントになるでしょう。このような再建築不可物件は4方を家に囲まれている場合も多く、日当たりが良くないことも考えられるので確認しておきたいところです。前述したようにデメリットばかりだと考えがちな再建築不可物件ですが、見ようによっては優良物件になることもあります。例えば、価格については一般の物件より安く購入できるという大きなメリットがあります。また、車のスペースが確保できるだけの幅があれば車を持っていても問題ないですし、車を所持していないのなら最初から問題にはなりません。日照は大きなポイントですが、2階には日が射すのなら洗濯場や家族が日中よく過ごす部屋を2階に配置するという方法もあります。

定住かリゾート使用か

別荘

日本有数のリゾート地の伊豆は多くの別荘がありますが、人によってお勧めするエリアが異なります。伊豆半島の東部や北部はアクセスが良いため、リゾート利用の人におすすめです。西部や南部は高齢者の定住者におすすめで、東部や北部の海岸沿いのリゾートマンションは高齢者にもおすすめできます。

地域ならではの物件を

インテリア

焼山で不動産業者を探すためには、住みやすいと感じる物件を建築することが何よりも大切です。インターネットで情報を確認し、業者に相談することが一番早く問題を解決できるやり方といえます。物件を探す時、アウトドアやゴルフが好きな人には最適です。

仲介を受ける業者の選び方

男性

仲介手数料は不動産取引をするときに大きな諸費用になりがちなので、仲介手数料無料の業者は魅力的です。徹底的な営業コストの削減をしている場合や相手方からの請求を原則としている場合があるので選ぶときには注意しましょう。